〈自分へのご褒美〉は、いま目の前にある幸せを意識する

キミは〈自分へのご褒美〉といって、ふだんは買わない高価なお菓子を食べたり、旅行に行って高めのホテルに泊まったりしたことはあるかい? 少し冷静になって考えてほしい。それらはモノやサービスを提供する側の“策略”だと思わないか? ……というのは冗談だ。「商業主義に毒されるな!」「資本主義の犬め!」などと非難したいわけじゃない。ただ、次のように考えてみることも大切ではないかと思っている。

「自分へご褒美をあげたい」という気持ちはどこからくるのか? それまでココロやカラダに負担をかけていたからではないか。つまり、マイナスの状況を「ご褒美」でプラスの方向へもっていく、というわけだ。この発想にボクはちょっと疑問を抱くようになった。そもそも「マイナスの状況」にすることがまちがいなのではないか? 〈がんばる〉の項でも述べたとおり、マイナスの状況に耐えているうちに自分を壊してしまう恐れもある。ボクはそうなるのはご免だ。だから、未来への「ご褒美」ではなく、〈いま目の前にある幸せ〉を意識し、それが実現するようにしている。そのほうがよっぽど大きな〈自分へのご褒美〉になるはずだ。


Gyahun工房がつくるZINE『Gyahun(ぎゃふん)』

この記事は、『Gyahun⑭ コトバ放浪記』に掲載された内容を再構成したものです。

もし『Gyahun(ぎゃふん)』にご興味をお持ちになりましたら、ぜひオフィシャル・サイトをご覧ください。

関連記事

  1. 〈〜することで〉と書きたくなったら思い出したい文章の法則

  2. 40歳を超えたら〈がんばる〉はダメ

  3. 追加を表わす助詞〈も〉をどこに付けるのが正解?

  4. 生涯現役のライターをめざすならノートと鉛筆を使おう

  5. 手書きと録音の合わせ技

    インタビューのメモは〈手書き〉と〈録音〉の合わせ技が最強?

  6. ゴールイメージが大切

    インタビューの準備で重要なのは〈情報収集〉より〈完成イメージ〉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログは…?

フリーライターのユニット〈Gyahun工房〉がこれまでの経験から得た知見、日ごろ考えていることなどを語っていきます。

特集

アーカイブ