追加を表わす助詞〈も〉をどこに付けるのが正解?

【A】旅行で北海道に行った。

【B】旅行で北海道に行った。

両者をどう区別するか、あなたにはわかるだろうか?

字面では追加を表わす助詞「も」が前に付くか後ろに付くかのちがいがある。例によって両者で意味はおなじように思え、ボクたち書き手を困らせる。両者をどう書き分けるか。ここでも謎解きをしてみよう。

〈旅行でも北海道に行った〉は、「仕事で北海道に行った」といった状況があり、「旅行でも(行った)」と〈理由〉を強調する表現といえる。

一方、〈旅行で北海道にも行った〉は、「旅行で沖縄に行った」などの前提があり、「北海道にも(行った)」と〈場所〉に着目する言い回しになる。

「謎解き」なんて大袈裟なものではない、とあなたは感じたかもしれない。

問題は、先の例のように〈理由〉や〈場所〉を強調する必要がない場合だ。

たとえば「昨年の夏は仕事で本州を駆けずりまわり」のあとに、いずれかの文をつづけるとしたら? どちらに「も」を付けてもよさそうに思えないか?

【a】昨年の夏は仕事で本州を駆けずりまわり、旅行で北海道に行った。

【b】昨年の夏は仕事で本州を駆けずりまわり、旅行で北海道に行った。

ボクはそんなとき、「情報はなるべく早く出す」ことにしている。つまり、「も」を先に付けて〈旅行でも北海道に行った〉とするのだ。


Gyahun工房がつくるZINE『Gyahun(ぎゃふん)』

この記事は、『Gyahun⑭ コトバ放浪記』に掲載された内容を再構成したものです。

もし『Gyahun(ぎゃふん)』にご興味をお持ちになりましたら、ぜひオフィシャル・サイトをご覧ください。をご覧ください。

関連記事

  1. 〈○○監督〉〈△△選手〉はある 〈□□ライター〉はない

  2. 中華料理屋がつくるチャーハンは〈案件〉なのか

  3. 聴くために書く

    インタビューで話を〈聴く〉には〈書く〉しかない

  4. トリガーとリマインダー

    インタビューの手書きメモは〈トリガー〉と〈リマインダー〉で攻略する【実…

  5. 〈〜することができる〉と〈〜られる〉はこう使い分ける

  6. 〈ウソをつけ!〉は諸行無常の世のなかを表現している

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログは…?

フリーライターのユニット〈Gyahun工房〉がこれまでの経験から得た知見、日ごろ考えていることなどを語っていきます。

特集

アーカイブ