〈〜だけど〉〈〜だけれど〉〈〜だけれども〉のどれを使うか迷ったら?

逆接の接続詞として

~だけど
~だけれど
~だけれども

の表現方法があり、いずれも意味はおなじ(交換しても文意は変わらない)。どれを使っても問題ない。

しかし、「どれでもいいよ」と言われると、ボクたちはおおいに迷う。絶対的でないにしても、指針となるものがやっぱりほしい。そこでボクは考えてみた。

~だけど〉〈~だけれど〉〈~だけれども〉は、いずれも意味はおなじだが、文字数が異なる。一般的にコトバは文字数が多くなると丁寧な言い回しになる。

たとえば、インタビュイー(インタビューの相手)の発言として、「僕は憶病者なんだけど、まわりに悟られないようにしてきたんだ」と〈~だけど〉を使えば、気さくで鷹揚な感じの人柄が伝わる。

一方、「私はリリアン女学園を何十年も前に卒業したけれども、いまでも当時の級友たちと親交がありますのよ」と〈~だけれども〉を用いれば、上品できめ細やかな人柄であることを表わせる。

もちろん、ほかのコトバと同様に、文章のリズムで選ぶ場合もあるだろう。ほかにも選択の基準が存在していそうなので、これからも追究していきたいと思っている。


Gyahun工房がつくるZINE『Gyahun(ぎゃふん)』

この記事は、『Gyahun⑭ コトバ放浪記』に掲載された内容を再構成したものです。

もし『Gyahun(ぎゃふん)』にご興味をお持ちになりましたら、ぜひオフィシャル・サイトをご覧ください。をご覧ください。

関連記事

  1. 〈〜まである〉は いずれ公的な文書でも使われる?

  2. 「〜中」は〈行動〉にしか使えない

  3. 中華料理屋がつくるチャーハンは〈案件〉なのか

  4. 追加を表わす助詞〈も〉をどこに付けるのが正解?

  5. 〈写る〉と〈映る〉の判断基準がほしい(嘘でもいいから)

  6. 手書きと録音の合わせ技

    インタビューのメモは〈手書き〉と〈録音〉の合わせ技が最強?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログは…?

フリーライターのユニット〈Gyahun工房〉がこれまでの経験から得た知見、日ごろ考えていることなどを語っていきます。

特集

アーカイブ