〈今年の目標〉は自分が「なりたい状態」を考える

目標といえば、「今年は○キロ痩せる」「○冊本を読む」「○万円貯める」といったものにしがちだ。でも、これらはすべて〈行動〉といえる。

「それのどこがいけないの?」

もちろん、悪くない。個人の目標なんてどんなものにしようと自由だ。けれども、ボクだったらこんなふうに目標を立てる。

たとえば、「○冊本を読む」ではなく「起業に関する知識を身につける」などとする。「読む」は〈行動〉だが、「身につける」は〈状態〉、しかも理想のそれになる。言いかえれば、行動が〈手段〉で、理想の状態は〈目的〉になるのだ。前者が〈戦術〉、後者が〈戦略〉と考えてもいい。手段と目的、戦術と戦略を取りちがえないことが、人生を幸福に生きるうえでは重要だ。

ただし、今後はもっと深く考え抜きたい。なぜ起業の知識を身につけるのか。「経営コンサルタントになり、中小企業の活動を支援して社会をよりよくしたい」とか、戦略を深く掘り下げると、「○冊本を読む」ことよりも「コンサル会社に転職して修業する」ほうが先決かもしれない。そんなふうに、理想を実現するのに最適な戦術を選びとるんだ。


Gyahun工房がつくるZINE『Gyahun(ぎゃふん)』

この記事は、『Gyahun⑭ コトバ放浪記』に掲載された内容を再構成したものです。

もし『Gyahun(ぎゃふん)』にご興味をお持ちになりましたら、ぜひオフィシャル・サイトをご覧ください。

関連記事

  1. ゴールイメージが大切

    インタビューの準備で重要なのは〈情報収集〉より〈完成イメージ〉

  2. 〈○○監督〉〈△△選手〉はある 〈□□ライター〉はない

  3. 中華料理屋がつくるチャーハンは〈案件〉なのか

  4. 〈写る〉と〈映る〉の判断基準がほしい(嘘でもいいから)

  5. 「〜中」は〈行動〉にしか使えない

  6. 〈ウソをつけ!〉は諸行無常の世のなかを表現している

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログは…?

フリーライターのユニット〈Gyahun工房〉がこれまでの経験から得た知見、日ごろ考えていることなどを語っていきます。

特集

アーカイブ