〈画像はイメージです〉で責任逃れをしていない?

つい最近までまったく気にならなかったのだけど、だれかが指摘しているのを目にして「なるほど」と思った次第。

「イメージ(image)」は「画像」のことだから、同義反復になっている。「元祖天才バカボンのパパだからパパなのだ」と言っているようなものだ。今日からキミもこのコトバに引っかからずにはいられなくなるはずだ。

なぜいままで素通りしていたのか。じつは「画像」=「イメージ」ではないからでは?

「イメージ」を言いかえると、「想像」「完成予想図」などが思いつく。しかし、「商品の画像はイメージです」と「商品の画像は完成予想図です」は微妙に意味合いが異なる気がする。なんとなく「イメージ」には、「実物とちがっているかもしれませんが、当方は責任を持ちません」という含みがあるように思えるのだ。

うがった見方かもしれない。ボクのココロが汚れきっていることも否定しない。でも、「イメージならしかたがないな」と読み手が許容してくれるのを期待する意図も少なからずあるのではないか。それでも世のなかは丸くおさまっているから波風は立てたくないけれど、読み手として注意は怠らないようにしたい。


Gyahun工房がつくるZINE『Gyahun(ぎゃふん)』

この記事は、『Gyahun⑭ コトバ放浪記』に掲載された内容を再構成したものです。

もし『Gyahun(ぎゃふん)』にご興味をお持ちになりましたら、ぜひオフィシャル・サイトをご覧ください。

関連記事

  1. 役者魂からライターの極意を学ぶ——伊丹十三監督の創作論より

  2. 〈毎日おなじことのくりかえし〉の幸せに浸りたい

  3. 〈ウソをつけ!〉は諸行無常の世のなかを表現している

  4. 〈おじさん〉が〈おやじ〉なら、〈おばさん〉は?

  5. 手書きと録音の合わせ技

    インタビューのメモは〈手書き〉と〈録音〉の合わせ技が最強?

  6. 中華料理屋がつくるチャーハンは〈案件〉なのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログは…?

フリーライターのユニット〈Gyahun工房〉がこれまでの経験から得た知見、日ごろ考えていることなどを語っていきます。

特集

アーカイブ