「わかりにくい」世の中だから「わかりやすい」が大切

ユーザーにロジカルに伝え、悩みや課題を解決する

当然ながら、コンテンツには「わかりやすさ」が求められます。ユーザーは、自分の悩みや課題を解決するためにアクセスするわけですから、「なにを言っているのかわからない」「結局、どうすればいいの?」と思われるようでは、価値の低いコンテンツになってしまいます。

とはいえ、「わかりやすいコンテンツ」をつくるのは、それほど簡単ではありません。現代は、社会が複雑化し仕事や生活も変化しつづけています。だからこそ悩みや課題が生まれています。コンテンツが伝えるべき情報が単純でないことも多いのです。

コンテンツづくりには、“難しいこと”を簡単に説明するスキルが求められます。複雑な情報を的確に整理し、過不足なくユーザーに伝えられる技術です。

ユーザーが情報をロジカルに受け取るためには、コンテンツの送り手に高度な論理的思考力・構成力が求められるのです。

それをGyahun工房ではコンテンツにおける〈知〉と呼んでいます。